サイトメニュー

浪費癖について

医者と看護師

浪費癖は一種の病気です。うつ病や精神病など様々な病との因果関係が考えられるので、【無駄遣いを直せ!】と叱咤しても無意味なのです。浪費癖への理解と、浪費癖を発症しやすい年齢について考えてみました。

詳しく見る

男女の浪費癖のち外

男女

浪費癖という病気は男女によって発症のケースが異なります。それは、性別によって人生の出来事がことなるためです。自分の人生を充実させることは素晴らしいのですが、病気にならない健康的な生活にも目を向けてみましょう。

詳しく見る

高齢者の浪費癖

医者と看護師

仕事を定年し、ゆったりとした生活を送る高齢者。そんな彼らも時に浪費癖に悩むケースがあります。高齢者が浪費癖やうつ病など病気になる場合、どのような原因があり対策を講じればよいのでしょうか?

詳しく見る

お金を使いすぎる人へ

悩む女性

メンタルと金銭

ストレスを感じた場合、食欲が増進する人もいればおしゃべりで発散するという人もいます。中にはショッピングで嫌な事を忘れるという方もいるでしょう。ただ、これらの行動の中には人生の弊害になる問題も関係しています。【浪費癖】という言葉をご存知でしょうか?多くの方は浪費癖と聞くと、お金の使い方が激しいと連想されますが実はメンタルとも深いかかわりがある病気なのです。浪費癖を治そうと考える場合、その原因を理解することから始めましょう。

浪費癖の原因

浪費癖の原因はある種の喪失です。パートナーとの別離、失業、病気など様々です。強い喪失感を感じてしまい鬱傾向になると、その感情を紛らわすために浪費癖の傾向が強くなっていくのです。ショッピングは多くのドーパミンを放出する興奮作用があるので、一時的に幸せを感じることができるのです。つまり、浪費癖は強いストレス(喪失感)を改善しない限り完治は難しいといえます。ただ、喪失感の癒やしには時間がかかることも予想されるので、力ずくで病気を改善しようとしても悪化してしまいかねません。浪費癖は病気なので、改善を望むなら心理カウンセラーや診療内科などプロのちからが必要です。自分に浪費癖があると感じたら、まずは最寄りの診療内科を受診し相談してみましょう。

自分でできる対策

少しでも浪費癖に自覚があるなら、自分で行える対策を講じましょう。例えば、使用したお金を一日、または一週間単位で記録し出費を把握しましょう。また、一ヶ月の家計簿をつけ出費のバランスを調整しましょう。使いすぎた場合は翌日、翌週で調整する、お金のかからない趣味をみつける、お金のかかる趣味をやめる、これらの行動は自分で行えます。また、本質的な不安が何か分からない場合、ノートやメモに日記をつけてみるのもおすすめです。

人気記事

医者と看護師

浪費癖について

浪費癖は一種の病気です。うつ病や精神病など様々な病との因果関係が考えられるので、【無駄遣いを直せ!】と叱咤しても無意味なのです。浪費癖への理解と、浪費癖を発症しやすい年齢について考えてみました。

詳しく見る

男女

男女の浪費癖のち外

浪費癖という病気は男女によって発症のケースが異なります。それは、性別によって人生の出来事がことなるためです。自分の人生を充実させることは素晴らしいのですが、病気にならない健康的な生活にも目を向けてみましょう。

詳しく見る

医者と看護師

高齢者の浪費癖

仕事を定年し、ゆったりとした生活を送る高齢者。そんな彼らも時に浪費癖に悩むケースがあります。高齢者が浪費癖やうつ病など病気になる場合、どのような原因があり対策を講じればよいのでしょうか?

詳しく見る