サイトメニュー

男女の浪費癖のち外

男女

男性のうつ病と浪費癖

リストラや移動など、仕事に関係するストレスが原因で浪費癖やうつ病になってしまうケースも少なくありません。【業績不振による配置転換や転勤】【関連会社への出向】これらは常にサラリーマンを取り巻いています。中でも、最大のストレスは【リストラによる解雇】です。長年属してきた会社から放り出されたことによるショックは大きく、新しい職を探しても見つからない状況は精神的な混乱を招きます。生真面目で責任感の強い人ほど、仕事上の喪失体験がより大きなストレスになり、浪費癖やうつ病を発症しやすいです。病気の症状としてチェックしておきたい項目は、眠れない、ひどく疲れる、寝起きが悪い、全身の倦怠感が強い、不安感がある、頭痛や吐き気がある、飲酒量が増える、食欲がなくなる、無意味な衝動買いをする、気づけば浪費癖がついてる、金銭感覚が乏しくなる、死にたいと思うなどが挙げられます。このようなチェックポイントが見られてくると、一番大切なのは、会社や仕事ではなく、自分の心と体です。日ごろから会社に対する精神的距離感を保ち、会社以外の居場所を確保しておきましょう。家庭内でのコミュニケーションを増やし、仕事以外の人間関係を広げておくことが大切です。疲れたときはしっかり休み、打ち込める趣味などを持つなど、自分なりのストレス解消法をチェックしておきうつ病を防ぐように心がけましょう。 また、普段は行わない行動が増えていると感じた場合は、自身で調整し休息を入れるようにしましょう。

女性のうつ病と浪費癖

出産してから子育てにかけてうつ病を発症してしまい、浪費癖の傾向が強く出てしまうケースがあります。子供を出産してからも、心底子共を可愛いと思ったことがなく、子共は自分の思うとおりになってくれないとか、子供に泣かれたり、まとわりつかれたりすると、イライラしてしまい、子供が自分の言うことを聞かないときにはカッとなって、手を上げてしまうことが何度もあるという方も多いようです。うつ病を発症してしまう原因の一つに旦那さんも協力的ではないせいで、どんどん悩んでいきうつ病になっていきます。また子供は可愛いのですが、家事と育児に追われて自分の自由時間がなくなり、同居の姑はあらゆることにチェックし始め、口うるさく、掃除の仕方が少しでも悪いと皮肉を言われたり、不満も愚痴も言えなくなった状態までいくと、そのうち食欲もなくなり、不眠にも悩み、体力も落ちてふさぎこむようになり、とうとううつ病を発症したという話も聞きます。中にはソーシャルゲームにハマり、課金という形で浪費癖が出てしまうことも。浪費癖はうつ病のサインの一種です。無意味な買い物や衝動買い、浪費癖が目立つようになったらうつ病の危険信号です。このような状態になってしまう前にどうすれば防止できるかチェックする点はないのか調べてみました。

病気を防止・治療

うつ病や浪費癖等の病気を避けるチェックポイントとしては、家族や周囲と協力し、完璧な家事や育児を求めないことです。また、出産後はホルモンバランスが崩れやすくなるため、病気になりやすくストレスを抱え込むのも避けなければなりません。ストレスの原因には、母親としての役割に対する戸惑いや不安、経済的な問題、夫やその家族との関係、出産の経緯などが挙げられます。また状態が不安定になってしまうと、うつ病の可能性が高くなり、体にも症状としてあらわれてくるのでチェックしなければなりません。代表的なものには、眠れない、寝ても疲れが取れない、イライラする、家族にぶつける、家事をやる気が出ない、激しい孤独感を感じる、人と話すことが苦痛になる、目がうつろになる、思考能力が低下し、頭の中がパニックになる、悲観的な考え方になる、物事に対する関心や意欲が低下する、無表情になる、ぼんやりとしていることが多くなる、話しかけても反応が鈍くなる、家の中に閉じこもりがちになる、子供を虐待している自覚があるなどが挙げられます。一度自分でチェックしてみてください。重要なチェックポイントは、育児をしていると、さまざまな負担や不安があります。しかし、それらを一人で抱え込まないようにすることが大切です。自分の子供を他の子供と比べず、完璧な育児や家事を求めないようにしましょう。また、夫婦で協力して家事や育児を行うなど、辛いときは無理せず、家族や周囲のサポートを受けてください。浪費癖やうつ病を発症させるチェックポイントが多ければ、個人で解決するのも難しくなってきますので、自治体によっては、乳幼児のショートステイやヘルパー派遣といった子育て支援事業が行われています。そうした制度をチェックすることで積極的に活用することも重要です。病気の治療に関してはしっかりと知識のある専門家を頼りましょう。